<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2009.05.10 Sunday

シネコンと旭山動物園とマツダスタジアム

いつのまにか「ちちんぷいぷい」が
全国ネットというか東京でも放送されるようになっていて驚き。
関西の毎日放送でやってる平日夕方の帯番組で
完全なローカル番組なんですけれども
金曜日だけ東京でも放送するようになってるらしい。
ということで、先週金曜日の分を録画しておいて
見てみたところ、東京で放送されているということを
1mmも感じさせないローカルな内容で
まるで実家でテレビ見てるような気分になった。
とりあえず今後も毎週録画して見ることにしよう。


そのちちんぷいぷいの中でマツダスタジアム
正式名称「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」について
特集がされていて、いやぁ、これはすごいなと。

新広島市民球場 - Wikipedia
プレミアムシート

さらに一般席とは別に、以下のような多種多様な特別席(プレミアムシート)が用意されている。

詳しくはWikipediaを見てもらえばよいと思うんですが
寝られるシートやらバーベキューできる場所やら
パーティーフロアやらただ見エリア等など
これは行ってみたくなるなという仕掛けが沢山。

その内容を見て思い出したのは
シネコンと旭山動物園でした。

映画も動物園も野球(の場合は一部球団除きますが)も
昔は「娯楽」の中でも有力なもののひとつだったものの
いろんな娯楽の多様化、進化の中でいつの間にか取り残され
斜陽化していったような状況があったと思うんですね。
でもそれは映画や動物園や野球といったジャンル自体の魅力が
無くなったということではなくて、おもてなしのレベルが
他の娯楽に比べて圧倒的に比較劣位になってしまったと。
ゆで蛙ってやつですね。
それでその問題を解決したのがシネコンであり旭山動物園だったと。

過去の映画に限らずジャンルごと地盤沈下、みたいな話って
いろんなところで出やすいんですけど
マーケティングの5forcesでいう「代替」にあたるところとは
常に比較して、取り残されてないかっていうことを
考えないといけないと感じた特集でした。

それにしても、近くの球場があんなだったら行きますね。確実に。

comment










最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール&リンク

検索

Search this site.

Booklog

twitter