<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2008.02.28 Thursday

ランキングのパーソナライズ

沢山の人が「いい」「おもしろい」と評価した結果
ランキングの上位にくるようなものが
自分にとっては面白くない、みたいなことは
例えば「J-POP嫌いの人」にはよくわかる感覚かと思いますが
これってなかなか興味深い現象だなと。

おもしろい、おもしろくない
興味がある、興味が無い
いいと思う、いいと思わない
という自分の判断の中に
「希少性」という要素がいくらか含まれていて
あまりにもありふれたものになると「陳腐化」して
評価自体も悪くなる。

先日なんだったかの番組で
一発屋芸人に学ぶ、みたいなコーナーがあり
元猿岩石の有吉、波田陽区、ダンディ坂野、つぶやきシローが出ていて
「ギャグをやって拍手されるようになったら終わり」
みたいな事を言ってたのがとても印象深かった。
「あー、これこれ」みたいな形になってしまうと
それはもうピークから下降線に入ってしまったことを示していると。
とはいえ陳腐化する手前でやめる、というのは難しい舵取りですよね。

もう飽きた、つまらなくなった、という本当に個人の中で完結した評価なのか
テレビ出過ぎだからもういいや、とか
今時あれをイイっていうのは恥ずかしい、みたいな社会性の中での評価なのか
つきつめるとどっちなんだろ。区別できないもんだろか。

みうらじゅんが「マイブーム」と言ったのは随分前ですが
ブームもひとそれぞれなように、ランキングもひとそれぞれ。
とはいえ自分の観測範囲内だけでは世界に広がりがないので
外部の情報も取り入れたい、、みたいなことで
ランキングもパーソナライズされていくんだろうなぁ。

comment










最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール&リンク

検索

Search this site.

Booklog

twitter